オルリファスト マキシマムストレングス効果

オルリファストの副作用

 

 

オルリファスト,マキシマムストレングス,マキシマムストレングス・3in1・カーボブロッカー

 

オルリファストは食べた食事の30%の油を強制排出させ、その結果、接種した油が内蔵や皮下に蓄積されないので体重増加の可能性が低くなります。

 

 

オルリファストの副作用はその効果と引き換えに油の体外排出をする際にある症状がでるんです。

 

 

 

 

その症状とは・・・

 

 

お腹が緩くなる(下痢になる)

 

油が出る(メリット)が下着が汚れる可能性がある(デメリット)

 

有効成分の作用でベータカロチンやビタミンEなど脂溶性栄養素の吸収が減少する(デメリット)

 

肝機能に気を付ける(デメリット)

 

です。

 

肝機能については病院で検査しないとなんとも言えませんが、例えば毎食後に服用している人(1日3回服用)は注意した方がよいでしょう。

 

わたしのように脂ものを食べたときのみ服用でしたら、これは個人的な意見ですが、そんなに気を使うことはないと思います。

 

これは服用する日もあれば、ない日もあると言うことです。

 

わたしは以前から、オルリファストの服用に関係なくビタミンEサプリメントは毎日摂っていますので、できればビタミンEサプリメントは摂ったほうがよいでしょう。

 

 

 

 

 

↑↑↑ オルリファストも一緒に飲んでみようかなと思ったあなたはこちらも ↑↑↑